スポンサードリンク

英国式リフレクソロジーとは

英国式リフレクソロジーは、英国式という名前がついていますが、実は英国(イギリス)生まれではありません。


リフレクソロジーは、世界では中国や台湾などで普及している「東洋式リフレクソロジー」と、アメリカ・イギリス・フランスなどで普及している「西洋式リフレクソロジー」とに分けることが出来ます。この「東洋式リフレクソロジー」と「西洋式リフレクソロジー」の違いの大きなポイントは、「刺激の強さ」なんです。


東洋人は元来、「良薬口に苦し」という言葉があるように「痛みの強いものほどよく効く」と考えており、強い刺激を好みます。そのため東洋式リフレクソロジーは指の関節や棒を使い、時には激痛を伴う程の痛みで刺激を行います。逆に、西洋人は「痛みはストレス」と考えており、もともと撫でるような刺激を好む傾向にあるので、指の腹を使って撫でるような刺激を行います。そして日本人は、あまりにも痛みが強い、いわゆる「激痛」だと我慢できず、逆にソフトすぎて物足りないとストレスになってしまうという独特の傾向があります。


そこで、「日本人には日本人に合わせた技術が必要」という考えのもと、マキ
フジタ ヒーリング・スクールの校長である藤田真規が、日本人に合った究極のリフレクソロジーの開発をしようということで、東洋医学に精通している北欧のリフレクソロジスト(リフレクソロジーを行う人)や、さまざまなヒーリングに精通しているネイティブアメリカンのホピ族など、さまざまな人たちを訪れ研究を行いました。


そして、身体の使い方や指使いなどにこだわり、施術をする側にも負担が少なく奥深い「イタ気持イイ」刺激を行うオリジナルのリフレクソロジーを確立しました。

1996年、日本ではリフレクソロジーという言葉も、リフレクソロジーが何なのかもまったく認知されていない時代だったので、普及しやすいようなネーミングをつけることになり、藤田真規がはじめてリフレクソロジーを学びに行った国がイギリスということや、格調高いおしゃれなイメージから「英国式リフレクソロジー」とネーミングされました。

つまり、英国式リフレクソロジーは、本来「日本人による、日本人のための」技術なのです。
しかし、リフレクソロジーが普及していくにつれて、藤田真規が開発した以外のリフレクソロジーで英国式リフレクソロジーと銘打つものが林立したため、現在は、他の英国式リフレクソロジーと区別するために『元祖英国式リフレクソロジー』という新たな名前へと変化しています。

●リフレクソロジーとは?

リフレクソロジーはReflexologyであり、「Reflex(反射)」+「-logy(学問)」→「反射学」という意味を持っています。
足裏などにある身体全体の臓器や器官の「反射ゾーン」を指でくまなく刺激することにより、血液やリンパの流れをスムーズにし、人間が持っている自然治癒力を本来の状態に戻すという考えを基本とした足裏健康法です。


心臓から送り出された血液は、からだ全体に行き渡る過程で全身の細胞や組織に酸素や栄養分を与え、体内の老廃物などを受け取って再び心臓へ戻ります。このとき、からだの末端部分にある足は、心臓へ血液を送り返すためのポンプの働きをしていることになります。「足は第2の心臓」と呼ばれるのはこの理由からです。

リフレクソロジーは「第2の心臓」に直接働きかけることによって、血流を本来の状態に戻そうという技術なのです。 またリフレクソロジーは、手のみを使って足全体を刺激していきます。そのため、施術側と受け手側に心のふれあいが生まれるようになります。

欧米では、リフレクソロジーがターミナルケア(末期看護)として導入されており、リフレクソロジーが身体のみならず、心にも働きかける力を持っているということが広く認められています。

2007.03.16.08:32 | Permalink | Track Backs (0) |